ストレスとスイーツの関係性

ストレスとスイーツの関係性

ストレスとスイーツの関係性

女性は特に甘いものに目が無いと言う人がけっこう多くいると思います。

 

それに疲れた時やストレスがかかると、甘いものが食べたくなってしまいます。

 

スイーツバイキングなどに出かけても、ほとんどが女性です。

 

スイーツは別腹で食事の量を減らしても(または減らさなくても)、スイーツが入る場所がちゃんとあるという女性も少なくありません。

 

しかし、当然甘いものを食べ過ぎると、肥満の原因になってしまいます。

 

一般的に甘いものが好きな女性はストレスを多く抱えているとも言われています。

 

女性でも中にはあまり甘いものを好まない人もいます。

 

そういう人に話を聞くと、食事をきちんと摂っていれば、特に甘い物は食べたくないという答えが返ってきます。

 

男性は女性に比べると、間食が少ない分、食事の量も多く、特に若い男性を中心に肉をがっつりと食べる人は多いようです。

 

食事をたくさん食べることで、心と身体が満足をして、甘いものはそれほど必要がなくなるのかもしれません。

 

女性も普段の食事をきちんと摂るようにすることで、甘いものを抑えることができます。

 

3食の食事で栄養をきちんと摂ることで、間食をほとんどしなくても済むようになります。

 

食事を中途半端に摂っているので、途中でお腹が空いたり、栄養不足でイライラして甘いものが欲しくなってしまうのかもしれません。

 

食事が中途半端になると、精神的に不安定になり、甘いものを食べ過ぎて肥満が増加してしまうのでは悪循環に陥ってしまっています。

 

これを好循環にして、自然にダイエットができ、健康的なスレンダー美人を目指していくためにも、食事をきちんと摂ることが大切です。

 

意識してこれを行うことによって、間食が少なくなり、精神的にも安定して、甘い物の過剰摂取が無くなっていきます。

 

特に良質のたんぱく質を摂ることで、精神作用を安定させる効果があります。

 

鶏肉や豚肉の脂身を除いた部分や、青魚を中心とした魚介類などを多く摂るようにしましょう。

 

もちろん、大豆などの植物性たんぱく質も、身体を作る大切な栄養素です。